Home » 主婦の車高額売却のススメ » 【主婦が売る】車買取業者の電話営業対策を決めておこう。

【主婦が売る】車買取業者の電話営業対策を決めておこう。

【車の査定のコツ】面倒な業者は着信拒否。固定電話でも可能 では、押し買いをする様な業者の電話の対応がテーマの記事です。 しかし普通の車買取業者でもそれなりに電話営業がありますので予め準備をしておきましょう。

 

どんな心の準備が必要なのか?

業者によっては、webで査定依頼をするとすぐに電話がかかってくると言う事もあります。 目的は出張査定の取り付けで、日時指定を聞きだす為に業者は頑張ってお話してくれます。

しかし、車をあまり知らない主婦がいきなり電話を貰っても面をくらってしまいます。

  • 旦那にまだ相談していない。
  • 急にいつ査定にお伺いしても良いか?とか聞かれても困る。
  • 先に旦那側の下取り価格・新車値引き額を聞いてからにしようとしていたのでスケジュールが解らない。

などなど。

今言われても困る! という状況で色々な会社から何時がいい?何時がいい?と聞かれるとウンザリしてやる気メーターも崩壊していまいます。

 

まずは、家族に相談の上で問い合わせを開始しましょう。

 

電話対策はどうしたらいいか?必要なのは 【断る】 と 【先送り】

まずは、電話をかけてきた方の名前をメモしましょう。 酷い場合本社や上司などに苦情を申し立てられます。

【車の査定のコツ】面倒な業者は着信拒否。固定電話でも可能では、着信拒否関連の内容を紹介していますが、通常はそこまで必要になる様な事はありません。

ただし、押しが弱い性格の方は電話での言い回しなどを予め準備しておくと大変役に立ちます。

適当に考えていて、『旦那が居ないから解らない』 と言う様な曖昧な断り方をしようものなら、業者に『決定権はコイツには無いな?』と思われてしまいいつ戻ってくるか?という様な形になってしまいます。

必要なのは 【断る】 と 【先送り】 する言葉です。

断る言葉例

  • 要りません。
  • 結構です。
  • 不要です。
  • 他社に売却済みです。
  • 車を売却しない事になりました。
  • 気持ちよく交渉したいのに不愉快です。

何かを断る時ははっきりと。 相手はお仕事ですから、相手に悪いという事はありません。

私は断れる!という心構えがあれば全てが楽に出来ます。

 

先送りする例

  • 検討後こちらから連絡します。
  • 私の予定が空けば連絡します。空かなければ連絡しません。
  • お伺いの電話は結構です。
  • こちらは忙しく、お電話を頂く余裕が無いので着信は拒否させていただきます。都合が良い時にこちらから連絡します。
  • 電話がしつこい様なら安くても他社にお願いする予定です。こちらから連絡するのでお待ちください。
  • 今決めないとその価格にならないとしても構いません。他社様の査定の予定が入っていますので検討後連絡します。その時またお話しください。

最近はネット社会となりまして、酷い電話対応は簡単に口コミで広がってしまします。 電話対応などをデータベース化している業者もありますので、そういう業者ではこの客は押しても良いのか?ダメか?というチェック項目があったりもします。

しかし、プッシュ営業をしなければ業績がもたないと言う状況の業者も少なからずあります。そういう場合、昔ながらの朝から夜までリストに乗っていて車をまだ売っていない客には電話を掛けまくるという方法に出ざる得ない所も無いとは言い切れません。 そうなれば着信拒否で事は済みますので着信が拒否できる電話端末番号を連絡するようにしましょう。

 

電話対応でイライラする事も。そんな時どうするかも決めておこう!ネット書き込みは絶対×

電話相手というのは様々な方がいますので、相性が全く合わないと言う事もありますし業者側の電話対応マニュアルが肌に合わないと感じる方も居るかと思います。

そんなイライラッ!としてしまった時にどうするかも決めておくべき時代に突入しました。

イライラは誰かに伝えると和らぐというのは脳科学的にも正しい行動なのだそうですが、今は簡単にネット上に思いのたけを投稿する事が出来ます。

日本国は言論の自由が認められていますので、誰が何を言うのも自由です。

ただし、なーんにも問題が無いわけでは無く、営業妨害になる様な書き込みをされた場合、業者側には民法で訴える権利があります。 相手には訴える自由があるのです。

また、店員を土下座させて写真を取り、ツイッターなどに投稿した人が批判を受ける様な事もあるように、あなたの書き込みを誰かが批判するのも言論の自由です。 過去の書き込みなどで住所や名前などが解ってしまう事もあります。

結果的・最終的には、買取額が高くなればウハウハ状態!ヘブン状態!という期待で行動を起こすのですが、途中は人との交渉事ですのでストレスも感じます。

中間地点や電話でのやり取りが多くなる、査定依頼後・出張査定後などにストレスを解消出来る様なイベントを予定しておくとよいです。

たとえば気の合う友人と遊ぶ約束など入れておけば、「こんな酷い業者がいたんですよ~ → なーにぃー!」 という様な話のネタにもなり、交渉がちょっと楽しくなります。

 

 【旦那不要論】ヘソクリUP↑車音痴の主婦の方が中古車買取高額査定を引き出せる!に戻る

関連記事


皆さんの車の査定額などのご投稿はこちらからお気軽に。

入力されたE-mailアドレスが第三者に公開される事はありません。 Required fields are marked *

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>