Home » 車を高く売るレシピやコツ » 【夏は危険】車売却後に戻る自動車税の還付金で査定交渉が不利になる。

【夏は危険】車売却後に戻る自動車税の還付金で査定交渉が不利になる。

車を売却すると残りの自動車税が帰ってきます。 の記事の続きにもなりますが、夏は注意深く交渉をする必要があります。

ランドクルーザープラドなど排気量の大きい車の場合、自動車税の還付は6万円を超えます。 この額を買取査定などに含めてあたかも高く買い取っている様な見せかけをする業者も少ながらず居るためです。

 

説明を受けても額が増えるので満足してしまっては損をするかも。

プラドのような人気車種の場合は別ですが、不人気車で排気量が大きい車の場合、6万円の差は大きいです。

解っては居ても入ってくるお金が増えるのは嬉しいものですが、実際の買取額が抑えられてしまってはもったいありません。

買取額は買取額、自動車税は自動車税と分けて計算しなければなりません。

たとえば、20万円の査定がきたけれども、内訳は 15万円の買取額と自動車税が5万円だったとします。  これが春の場合は 総額が16万円程度です。 ちょっと印象が変わりますし、もうちょっと頑張ってよ!と交渉もしたくなります。

交渉のやる気がそがれるというデメリットがあります。

 

複数社への見積もり時にも分けて考えよう!

なかには自動車税の還付の説明をしない業者もあるようですので、説明が無い場合はこちらから聞く事が必要です。

そのうえで分けて比較しなければなりません。

関連記事


皆さんの車の査定額などのご投稿はこちらからお気軽に。

入力されたE-mailアドレスが第三者に公開される事はありません。 Required fields are marked *

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>