Home » 車を高く売るレシピやコツ » 【注意】友人に車を売却すると関係が壊れる可能性大

【注意】友人に車を売却すると関係が壊れる可能性大

中古車の販売価格の相場を調べる人の中には、友人・知人・親族などに車を売却する際に金額が知りたいと言う方がいらっしゃいます。

買い取り業者やディーラーの下取りに出すと、業者の利益分が差し引かれ、中古車販売価格よりは確実に安い金額になります。

買い取り価格と同等もしくは若干高く、中古車販売サイトの価格よりも安い金額で譲れないか?と、親切心・友情などからこの様な行為を行う方も少なくはありません。

良い事をしたつもりが、信頼関係を大きく損ねる事にもなりかねません。

 

新車だって壊れる。中古車ならなおさら壊れる。

当姉妹サイトに、車検対策.comと言う物があります。

こちらでは整備業者の約4割が利用している 一般社団法人日本自動車整備振興会連合会より発表されている車の修理における作業点数、いわゆる工賃などの分析を行っています。

24ヶ月法定点検や自動車整備の工賃ってどうやって計算するの?

いくら調子のよい車でも、中古車は中古車です。壊れます。

格安とはいえ、お金を出して買ってくれる友人・知人も、良い買い物が出来た!と最初は感謝をしてくれるかもしれませんが

車のどこが壊れてしまうのか?については何の保証もありません。

相手に車の知識が無ければ更に状況も悪くなります。

  • 車を友人から買ったがすぐに壊れた。
  • ブレーキパットなどの残量が少なかったらしく、すぐに交換にが必要で数万円かかった。無整備車を譲渡されたと怒られた
  • タイミングベルトの交換を勧められたが、3万円以上した。さらに色々と交換が必要と言われ逆に高くついたと怒られた。
  • 車検に出したら中古車が買える様な金額だった。車検期間がたっぷりついた中古車を買った方が良かったと皮肉を言われた。
  • まさかのエンジン脱着が必要な故障がすぐに発生。10万を軽く超える修理が必要に。

可能性を考えればいくらでも書けてしまいます。

特に車検・24ヶ月法定点検はすぐにやってきます。日本は古い車の車検がかなり高額になりますので車の知識が無い方にとっては仰天されてしまいます。

タダ同然で譲渡したものであればここまでこじれる事はありませんが、それなりの金額で譲渡をされる場合はそれなりのトラブルが伴います。

業者やヤフオクなどの他人との譲渡契約と違い、友人関係ですのでそれはそれは厄介な事になりかねません。

 

業者に車を売ってしまえば責任ゼロ

車の仕入れ後の故障は買い取り業者や下取りディーラーが運営していく中でのリスクです。

カーオークションであっても、微々たるものですが保障があります。

中古車販売業者も一定期間の整備等について保障している会社も多くあります。

皆さんが車を購入する際に、整備不良当に対する保障を気にされる事があるかとは思いますが、車を友人・知人に譲渡すると言う事はこの責任を責められる可能性があると言う事を認識しておきましょう。

その上で譲渡する場合は、故障等の責任を負わないと言う事を詳しく説明する必要があります。

 

まとめ・最悪の事態を考えてみると

最悪の事態を考えて行動する事は大切です。 こんな事になりかねないと言う事をもう少し掘り下げてみましょう。

  • 譲渡後すぐ車の故障が原因で事故をおこし責任を求められ損害賠償などを求めて裁判を起される。
  • 譲渡後すぐ車の故障が原因で事故をおこし、大切な友人・知人・親族が怪我・死亡してしまう。
  • 譲渡した車がすぐに壊れてしまい、不良品を売った事を責められ全額返金を要求される。 壊れた車が戻ってきて色々と損。
  • 善意で車を安く売ったにも関わらず、すぐに故障した事が原因で故意であると責められ、周りに言いふらされコミュニティーから除外される。

損害賠償がどうなるかは解りませんが、色々と悪い事態を考えるときりがありません。

中古車を買い取ってくれる業者の見積もりと比べ、数万・数十万円の差額で中古車が壊れるかどうか?という賭けをするにはいささか安すぎるかと私は思います。

流通量の多い日本車がいくら丈夫とはいえ、一度壊れると高額な修理費がやってくる日本では知り合いとの個人間売買には車はあまり適していないともいえます。

 

関連記事


皆さんの車の査定額などのご投稿はこちらからお気軽に。

入力されたE-mailアドレスが第三者に公開される事はありません。 Required fields are marked *

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>