Home » 車業界裏分析 » 【神回】ディーラーローンが残っていても車は売れるが注意点やマイナス査定な業者もある。

【神回】ディーラーローンが残っていても車は売れるが注意点やマイナス査定な業者もある。

今やディーラーローンの他、車の購入の際に信販会社ローン、クレジットカード会社ローンなどが残っている車も普通に下取りしてくれるし買取業者が買い取ってくれるという事が浸透して来ました。

しかし、実際にローン残債車を売る際に気をつけておいた方が良い事基本的なシステムなどを事前に予習しておいて損はありません。

複数の買取業者での買取実績のある担当者等の話なども元に紹介していきたいと思います。

 

【基本】ローンが残っている車はどんな状態?

ローンで車を買う時の仕組みは、お金を全額借りて代金を支払い金利が乗った代金を小分けに支払っているという状態です。

中にはローンの支払いが出来なくなる方も居ますので担保があります。

車以外のローンであれば、土地などを良く耳にされる事もあるかと思いますが、車の場合は車両自体に価値がありますし、カーローンは銀行大きな利益のひとつでもある為、他に担保をつける現在の車が担保になる仕組みになっています。

  • 車の所有者はローン会社
  • 車の使用車はローンを支払う人

という形で、ローンの返済が終わるまではこの体系が続きます。

 

所有者がローン会社なので勝手に売ったりは出来ませんよという事です。

【重要】銀行・信用金庫・JAなどでローンを組んで車を購入した場合は車の所有権は自分自身になっていると思いますので、車検証の所有者の欄を確認しください。 自分自身になっていれば全く問題の無い話です。

 

【現状】それではどのようにローンが残っている車を売却するか。

  • 残りのローンを一括支払いする – 名義を自分に変え売却する。
  • 次に買う車のローンに上乗せしてもらう – 上乗せローンという方法がありますがローン会社によっては上限・不可などあります。
  • 車買取業者が一括でローンを支払い、差額でお金を受け取る。
  • 車買取業者が一括でローンを支払い、足りない分を現金で支払う – 残債処理ローンで支払う方法もあります。

とりあえず、ローンが残っていてもどのような方法でも売れますのでこの点はあまり気にされなくてもよいでしょう。

 

いずれにせよ、所有権留保解除手続きをローン会社に提出し新しい車検証を貰う必要があります。

 

【重要】ローンが残っている車の売却時に気をつける事。

まず車を担保にお金を貸す闇金や得体の解らない業者に引き渡してはいけないと言う事です。 この様な業者は、なにも手続きせずに他の誰かに引き渡しますので所有権保留車いわゆる「金融車」になってしまいます。 色々ありますが、車の使用車責任を問われるようになってしまい面倒が増えるだけです。 たとえば駐車違反などの違反金の請求は最終的には車検証の使用者の所へやってきます。 めんどくさいですね。

借金の担保にもっていかれてしまう様な場合は仕方ありませんが。。。この問題は車の買取相場を研究する当センターとは別の問題になりますので機会があれば別の記事として取り上げたいと思います。

 

次に車買取専門店ですが、ローンが残っている車は手続きの手間が増えます。その分の手数料が別に差し引かれる事もありますし、手数料が無い場合はこの分がマイナス査定になることもあります。

他の業者がローンの残っている車を買い取っているのにうちの会社も買取らなければ!ということで多くの会社で買い取る事が出来るような仕組みを作っていますが業者間によってばらつきがありますので、複数の業者に見積もりを取る他に、手数料についても聞いてみる必要があります。

関連記事


皆さんの車の査定額などのご投稿はこちらからお気軽に。

入力されたE-mailアドレスが第三者に公開される事はありません。 Required fields are marked *

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>