Home » 車を高く売るレシピやコツ » 【車の査定のコツ】面倒な業者は着信拒否。固定電話でも可能

【車の査定のコツ】面倒な業者は着信拒否。固定電話でも可能

phone0

色々と車の査定をお願いすると、中には押買とは言えないもののひっきりなしに電話をかけてきたりする業者があります。

もちろん、買い取り価格で勝負している会社も中には沢山居ますので、少しでも高く売りたいと言う方には避けては通れない部分なのかもしれません。

 

面倒な業者への対策はどうしたらよいのでしょうか?

 

着信拒否機能を有効利用。

相手の立場も顧みず、ごり押しで車を売ってもらう方法を取っている業者の場合、着信拒否される事は日常茶飯事なので気にせず拒否しましょう。

その為に予め着信拒否が可能な携帯電話やサブ番号などを利用する方法が楽です。

固定電話でも着信拒否は可能です。 ナンバーディスプレイ機能を使っている方は電話機の機能でも着信拒否(もしくはスルー)する事が出来ます。

  • 携帯電話のみで対応するようにして着信拒否機能を使う。
  • 家の固定電話でナンバーディスプレイを使っている場合は電話機の説明書を読んで着信拒否機能があるか確認する。
  • ない場合は、NTTより提供されている【迷惑電話おことわりサービス】で30件まで拒否する事が可能

迷惑電話お断りサービスの場合、「こちらは、○○○-△△△-□□□□(*)です。この電話はお受けできません。ご了承ください」と自動的にメッセージで対応してくれます

 

着信拒否したから安心?

いいえ。まだです。

一般的な会社であれば、会社に複数の電話回線を用意している事がほとんど。

また、会社の携帯や個人の携帯などからの電話番号から電話がかかっています。

着信拒否慣れている会社の場合、あきらめるか、相手の人間性を責めて責任感を感じる様な人の場合は契約までこじつけると言う方法を取る事があります。

 

新しい番号からの着信の度に着信拒否するとともに、業者の営業方法が自分と合わない旨をつたえ、全ての番号で着信拒否をする宣言を行いましょう。

 

よほど失礼な言い方をしない限り、費用対効果の関係上家まで押し掛けてくると言う事は少ない様です。 担当者の多くは歩合制で働いているためです。

 

自分に合わない業者とは付き合わず良い業者と付き合おう。

ごり押ししてくる業者が全て悪いと言う事はありません。 受け身対応が楽な人も数多くいます。

業者から色々と言われて契約してきれいさっぱり!と言うのが楽な人にはとても良い会社です。

 

この様な対応が好ましくない場合は気にせずに、自分に合った業者とやり取りをしましょう。 数万円の差であれば気持ちよく自分の車を送りだした方が結果として良い事もあります。

 

関連記事


皆さんの車の査定額などのご投稿はこちらからお気軽に。

入力されたE-mailアドレスが第三者に公開される事はありません。 Required fields are marked *

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>