Home » 車業界裏分析 » オートオークション分析では中古車の販売価格相場が解らない理由

オートオークション分析では中古車の販売価格相場が解らない理由

一部、対オートオークション落札代行業者の相場であればなんとか分析できますが、中古車価格相場となるとオートオークション落札データでは近いデータが解りません。

そもそも、goo-netさんなどで地域別に掲載している中古車のデータを元に相場を提供している物がありますのでこちらの方が正確です。

なぜオートオークションのデータでは中古車価格が解らないか?について参考程度に記事にしてみます。

 

中古車販売会社は価格を自由に決めて良い。

ディーラー系を除けば、中古車販売業のほとんどはオートオークションから車を仕入れ、利益を乗せて販売する形を取っています。

であれば、落札結果から平均的な利益分を乗せて行けば解ってくるのでは?という事にもなりますが、一筋縄ではいきません。

  • 中古車販売会社は価格を自由に決めて良い。
  • 近隣ライバル店で同種の車があれば価格競争になる。
  • 中古車は売れなければ不良債権。値引きをどんどんしていかなければならない。
  • 最終的には仕入れ値より安くなってしまう事もあるし、オートオークションに戻すことも良くある。
  • 利益率計算は会社によって異なり、一律○○万円という業者もあれば、○○%上乗せという業者もあり様々である。 

中古車を買うのに、北の端から南の端の業者にお願いする人は稀です。希少車種であればタマ数の多い都会まで出向く方も居ますが本当に稀です。

中古車販売業者が仕入れた車が近くの店では売っていない様な状況の場合、最初は強気の値段設定などする事も可能です。

 

この様な事がある為、中古車販売額から買取額を予想するのは難しいという側面もあります。

関連記事:中古車販売サイトの販売額から買取額の予想は出来るか?

 

車買取専門店も車売却希望者も、買取価格を決められる側である。

一方、買取専門店は複数地域の業者が集まるオートオークションへの出品という形になります。近年は海外の業者も入りこんでいます。

複数地域の業者の落札競争ですので相場が生まれてきます。

さらに買取専門店同士の買い取り競争も激しいため、オートオークションの落札状況からかけ離れた安い買取額で買われて行く事が少なくなってきています。

(注意:これには複数の買取専門店での見積もり競争を行わなければなりません。)

 

比較的、買取相場の方が導き出すい状況というのが現状です。

 

当サイトが何かできる事は無いか?

今後の課題ですが、そうなればオートオークションの落札相場よりも低い額で売られている車が問題になります。

年式や走行距離以外に何らかの問題を抱えていてオートオークションに戻しても十分な落札額にならないと言う事ですので、売り逃げ予定の車であるか、真にお得な車のどちらかとなります。

この様な、買ってみたけどすぐに壊れてしまう様な車を掴まされてしまう被害に対しても何らかのアプローチが出来ないか?という研究も行っています。

関連記事


皆さんの車の査定額などのご投稿はこちらからお気軽に。

入力されたE-mailアドレスが第三者に公開される事はありません。 Required fields are marked *

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>