Home » 押買対策 » 中古車の押買って何?

中古車の押買って何?

osigai押買とは、相場から大きくかけ離れた安い価格で物を強引に買取る悪徳商法です。

方法は様々ありますが基本的には嘘や暴力、精神的な圧力などによって貴金属・着物・骨董品など高く売れる物を狙う構造です。

押買されても取り締まる法律が無いので注意!

2013年2月に改正特定商取引法が発令され、押し買いされてもクーリングオフが有効になったり業務停止命令が出る様になりました。

 

しかし、車の押し買いには使えません。バイクもほぼ使えません。

 

他のサイトなどで適応される!と書ききっている所が結構ありますが間違いです。 ほとんど使えません。大間違いです。

特定商取引法で車の押し買いを防げない理由

この改正の目的は、

高齢者宅に突然押し掛け貴金属などが押買されてしまう事を防ぐため

に作られています。

実際、すぐに業務停止命令が出た事例がありましたが貴金属の押買でした。

 

大前提としてこの改正は、飛び込み営業で来て押し買いされる物が対象です。

つまり、自分で査定をお願いして査定に来てもらって買いたたかれても対象外です。

 

更に、自動車自体がこの改定の対象外となりました。

という訳で、自動車では100%使えません。(バイクは使えます。)

突然訪問して車を売ってくれ!という押買もあるので注意

事例自体は少なく、消費者センターへの苦情は年間20件程度ですが、貴金属などの押買の様に突然車を売ってくれ!見積もりを取らせてよ!とやってくる事もあります。

貴金属などと違い大きいものですし手続きもありますから「そんな事出来るかぁ!」となるのが普通ですので基本的な手口は

査定の為に一回自社に車を持って帰っていいか?

という作戦が使われる事が多いようです。

実際には持っていったらすぐに売ってしまう。(売れてしまった事にされる)などで無き寝入りに近い状態になってしまいます。

実際に被害があるのに自動車は法律の適応外になってしまいました。

どうして自動車は適応外になってしまったの?

自動車業界が困るからという話の様です。顧客回りなどはアポなしで回られる自動車会社も多くあるかと思います。そこで売却の契約を交わし車を持って帰った後でのクーリングオフは厳しいという話があったようです。

ましてや業務停止命令などが出る様な事態になってしまったら。という当たりの想定なのでしょうか。

押買に合わない用、色々と事前に準備しておく事が必要です。

 

関連記事:バイク王から学ぶ押買対策

押買関連記事一覧


バイク王から学ぶ押買対策

バイク王から学ぶ押買対策

数年前、ネット上を賑わせたキーワードの一つにこの様なワードがあります。「バイク王が帰らない」上の動画は、バイク王の出張査定動画です。 対応か何かに不満を思われたか … 続きを読む »


中古車の押買って何?

中古車の押買って何?

押買とは、相場から大きくかけ離れた安い価格で物を強引に買取る悪徳商法です。方法は様々ありますが基本的には嘘や暴力、精神的な圧力などによって貴金属・着物・骨董品など … 続きを読む »

関連記事


皆さんの車の査定額などのご投稿はこちらからお気軽に。

入力されたE-mailアドレスが第三者に公開される事はありません。 Required fields are marked *

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>