Home » 車を高く売るレシピやコツ » 事故車だと思っていたのに無事故車金額で買い取ってくるケース

事故車だと思っていたのに無事故車金額で買い取ってくるケース

事故車、いわゆる修理歴ありの車ですが販売価格が安くなる為、買取価格も安くなります。あまり使われていませんが、イエローブックやホワイトブックなどの買い取り基準でも事故の程度によってどれくらい値引きするかという指数が掲載されています。

 

いくらになるかわからないけど、事故車になってしまった自分の車。。。安かろう!と思っていた所、事故車とほぼ関係のない査定額で買い取ってもらえることがあります。

 

事故車が事故車じゃなくなる?その1 認識違い

想像の付くケースが、修理歴ありと一言で言っても色々とありますので広い定義で言えサイドミラーが取れてしまったり、駐車時に車の後部を凹ましてしまったりも事故です。安全の為、または車検に通る様に修理するのが一般的です。

当然、車の安全性には関係の無い部分の修理ですので売却時に修理歴ありとはならず、無事故車としての価値がつきます。 これはご存じの方が多いかと思います。

 

さて、では修理歴有りについてはどのような基準が在るのでしょうか?

日査協・公取協・中販連など、いわゆる天下り団体ではありますが車の買取価格の基準などを公表している団体が在ります。

これらの団体の買取基準は、インターネットなどで中古車の販売相場を一般の人間が十分に比較できるようになってからあまり使われなくなっています。

JAAIのサイトによると『車の基本骨格(フレーム)部位を交換、あるいは修復した車は、痕跡により価値の減価(価格落ち)が発生します。』 とあります。

  • フレーム (サイドメンバー
  • クロスメンバー
  • インサイドパネル
  • ピラー
  • ダッシュパネル
  • ルーフパネル
  • フロア
  • トランクフロア
  • ラジエータコアサポート

などのフレームがこれに相当する様です。 つまりフレームにダメージが無ければ問題なしとなります。

となれば理由その1、交通事故に遭遇したとしてもフレームにダメージが無ければ修理歴ありとはなりません。

 

事故車が事故車じゃなくなる?その2 基準違い

上記の日査協・公取協・中販連以外にも団体はあります。これが重要で、名前は「日本オートオークション協議会」です。

日本オートオークション協議会は名前の通り、オートオークション側の団体です。顧客の利益に大きくかかわる修理歴あり・無しの基準ですので、日々変わる相場などに対応できる様、常にデータを更新し続けています。

つまり、日本国内には基準が少なくとも2通り存在します。

 

たとえば

従来、サイドメンバーの修理で修理歴ありと認定するとしていたが、日本オートオークション協議会では車の性能に影響を与える範囲外としコアサポートよりも前面で修理・補修が終わっている車は修理歴無しとする。

の様な事があります。

車種によってはコアサポートにクラッシュボックスという衝撃を和らげる構造にしている物があり、かなり車の前面にあるコアサポートよりも前にあることがあります。 縁石にぶつかって随分と凹んだけどクラッシュボックスまでの凹みであればフレームへの影響も少ないとし、修理歴無しグループに入れようと言う事になりました。

 

軽い事故を起こしたけど、車の全面がかなり凹んだのでダメかな。。と思いきや修理歴無しです。

 

車を買い取る側は、当然事故車の方が安く仕入れられるので、オートオークション基準でグレーな場合は修理歴ありとして買い取る事があります。

しかし、オークションでは修理歴がつかないなという事で、他に買取業者の見積もりを取っているようであれば買取業者はチャンスです。 適正な買取相場を提示するとガン!と買取額が跳ね上がるので買い取る事が出来ます。

事故を起こした方は、1社にだけ査定をお願いすると損をする可能性があります。

 

事故車が事故車じゃなくなる?その3 担当者の見落とし。

車の買取の契約書には、車に関する重大な欠点を隠して契約を結んだ場合、契約を破棄する事が出来る様な旨がかかれています。

しかし、この様な事故歴の有無に関する基準の差もありますので、メーターを交換、もしくはメーター戻しなどが発覚する様な重大なことで無ければ買取交渉時に事故の有無を申告する必要が無いと言われています。

一般的には、検査員のミスによって再査定となり減額されると言う事はあまりありません。

 

道徳的にミス狙いとして多くの業者で査定をしてもらうというのは、、あまり褒められた事ではありませんが世の中たまにこういう事もあります。

 

なぜこの様な記事を書いたのかというと、これを逆手に取る業者がいるので注意が必要だと言う事です。

あきらかに事故歴がある車で持ち主の気が弱そうな場合、修復歴無しの価格で買い取るとして契約を結び車を会社に持ち帰ります。

その後、修理歴が見つかったので再査定を行った所、-○○万円となったので、差し引いた額を支払う契約書に判を押してほしいともちかけます。

他社よりも安い価格なのでキャンセルを申し出た所、レッカーや手数料などを請求された。

 

複数社への査定は買取額が高くなりますが、この様な事もあり得るので戦う心構えだけはしっかりとして交渉にのぞみましょう。

関連記事


皆さんの車の査定額などのご投稿はこちらからお気軽に。

入力されたE-mailアドレスが第三者に公開される事はありません。 Required fields are marked *

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>