Home » 車を高く売るレシピやコツ » 北海道ではキセノンライトが敬遠され買い取り価格が下がる?

北海道ではキセノンライトが敬遠され買い取り価格が下がる?

最近やたらと明るいヘッドライトを見る機会も増えました。

これは従来の白熱電球(ハロゲンなど)ではなく、HIDランプと呼ばれる放電式のヘッドライトです。

キセノンライトと呼ばれる事が多い様ですが、HIDライトと呼ばれる事もあります。

恰好も良く、新しい車では多くがこれを選択していたりします。

しかしこれが北海道の場合、ちょっと残念な事になっています。

キセノンライトは北海道では面倒くさい。

従来のハロゲンライトは内部のフィラメントに通電し白熱させる電熱式です。つまり熱を持ちます。

キセノンライトは熱がハロゲンまでは上がりません。走行して冷たい風を前面から受けてしまうと雪や氷が解けない欠点があります。
基本的に多くの国で雪の降る欧州車の場合、これを解決するためにヘッドライトウォッシャーやヘッドライトワイパーが搭載されている事も多いのですが、日本車でお手頃な価格の車の場合やヘッドライトを交換した車には搭載されていません。

このため対策が取られていない車の場合、ヘッドライト回りの除雪を入念にするなどひと手間が必要になります。

雪でキセノンライトがどんな影響を受けるの?

走行中はそれほど雪は付きませんが、きちんとヘッドライト周りの雪や氷を取り除かないと走行中徐々に雪がこびり付いてしまいます。

雪の量や雪質によっては、完全に覆ってしまう事もあります。
また、日中溶けた雪がヘッドライト前を流れ日が暮れてそのまま凍ってしまう事もあります。

雪は積もっていませんが、氷で覆われてしまっている状態です。

こうなると、光が氷で拡散されてしまい暗くなってしまうのですが、この氷が解けません。

運転前はこの部分をチェックして綺麗に除去する必要があります。

北海道ではキセノンライト車は不人気で高く売れないの?

まだ、キセノン=めんどくさい という認識は北海道で広がっていないので影響はさほどありません。

しかし、一部敬遠している人が居る事も事実です。
キセノンライトが標準搭載されていてオプションでハロゲンなどに出来ない車種も増えている事や、メーカーの対策も進んでいる事から今後影響がどうなるかは解りませんが
キセノンに乗せ換えようとしている方は注意したい部分です。

関連記事


皆さんの車の査定額などのご投稿はこちらからお気軽に。

入力されたE-mailアドレスが第三者に公開される事はありません。 Required fields are marked *

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>