Home » 押買対策 » 客を騙す押買業者がなぜ減らないのか?

客を騙す押買業者がなぜ減らないのか?

iikamo

  • 売却契約するまで居座られた
  • 暴言のような言葉を浴びせられた。
  • 契約を強引に迫られた。
  • 嘘をつかれた。嘘があった。

このような話がなかなか減らないのはナゼでしょう??

誰でも今すぐ車屋になれる。

まず、中古車屋になるための敷居が低いと言う事があります。

誰でも簡単になれますから、色々な方が始めてしまいます。

 

この業態はいわゆる古物商です。

中古品販売。いわゆるリサイクルショップですね。 ですから、極端にいえば車屋になったと思えばもう車屋です。

自分の車をヤフオクに出品・落札を始めれば業務開始です。

実際は最寄りの警察で【古物商の許可・届出】が必要とされていますが簡単に取得できます。(されて居ない方も結構居るようですが。)

もう少し本格的にやるなら、空き地に車を並べて値段を書きプレハブ小屋を置いて名刺を作って看板を立てて。。それってよく見る光景じゃ?と思われるでしょうけれどもその通りなんです。

契約書なんかは、0から始める中古車屋さん的な本を買えばわかりますし、いまはネットでも情報を入手できます。パソコンとプリンターがあればokですね。

 

ただし、簡単に始められることと利益を継続してあげられるかどうかは別問題ですので、食べていけない・社員を食べさせていけない状況なども合わされば色々とやってしまう方もいるのかもしれません。

 

もちろん押買を始めようとして開業される方も当然居ます。

 

押買は儲けられるからやめられねぇぜ!

押しに弱い人・断るのが苦手な人などに、法に触れない様に一日中押して押して押しまくれる精神構造の方々がいます。

買い取り相場が100万円車を20万円で強引に買い取る事ができれば、カーオークションに出品するなどで100万円前後儲けられます。

一人で行動されている方であれば、少なくとも2~3ヶ月に1回押買が成功すればなんとかやっていけます。

社員に徹底して教育を行い、厳しいノルマを課せ走り回らせれば押買できる確率は変わりませんが分母が増えますので儲けがドンと増えます。

そりゃー悪い人も集まります。

カーオークションへ出品参加も敷居が低い所がある。

実際100万円の儲けと言うのは極端な話で、これだけ利幅が大きければオークションに出品しなくても他の買い取り業者に売ってしまった方が良いと言う事もありますが

カーオークションにも全国様々な会場があり、中には審査が甘く会員になりやすいどころもあります。

車買取専門店やオークション代行業者が増えまくっている背景にはこの様な事も理由の一つです。

業者を間違えれば、粘り倒されて相場よりも低い金額で買い取る作戦を取る会社に当たってしまいます。

オークションと言う固い売り先が有るので、安ければ安いほど会社の利益になるからです。

 

中には完全報酬性の社員を雇ってなんてこともあり、そうなってくると無法地帯な臭いがしてきます。
基本的にカーオークションへの参加は

  • 古物商許可証受理から1年以上経過していること。
  • 展示場と事務所があること。
  • 連帯保証人がいること。

の様な条件がありますが、審査基準が様々な為、展示場がなくてもOKと言う事もあります。

こうなってくれば、自宅開業でタウンページに広告を載せ、テレビCMの様に石原良純さんのように電話してくる人を待って行動するなんて事も出来ます。

 

まとめ

  • 車屋になるための敷居が低く、悪い人も簡単に参入出来る。
  • 車買取業も同様に敷居は低い。
  • 始めてみたものの運営維持ができず、悪い手法に手を出してしまう人もいる。
  • 法に触れない為、悪い手法で儲けが出た人が組織を大きくして行動する事もある。
  • よく聞く名前の買い取り業者でも押し買いの様な事がある。

押買関連記事一覧


バイク王から学ぶ押買対策

バイク王から学ぶ押買対策

数年前、ネット上を賑わせたキーワードの一つにこの様なワードがあります。「バイク王が帰らない」上の動画は、バイク王の出張査定動画です。 対応か何かに不満を思われたか … 続きを読む »


中古車の押買って何?

中古車の押買って何?

押買とは、相場から大きくかけ離れた安い価格で物を強引に買取る悪徳商法です。方法は様々ありますが基本的には嘘や暴力、精神的な圧力などによって貴金属・着物・骨董品など … 続きを読む »

関連記事


皆さんの車の査定額などのご投稿はこちらからお気軽に。

入力されたE-mailアドレスが第三者に公開される事はありません。 Required fields are marked *

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>