Home » 車を高く売るレシピやコツ » 車の下取りを高くする3つのポイント【時は来た!それだけだ】

車の下取りを高くする3つのポイント【時は来た!それだけだ】

sitadori

新しい車を買う際に、下取りをお願いするメリットも忘れてはいけません。なんといっても楽なのが下取りです。

また、同じデイーラーで車を買い続け、修理や車検もお願いし続けるもんね!という方には関係性を築く上でも下取りをした方が良い面もあります。

 

だからといって、言い値で下取りをしてもらってはもったいありません。親しき仲にもwin-winです。

新車が売れない!今は新車ディーラーも下取り車を欲しがっている。

若者の車離れ(そもそも近づいても居ないと言う話もありますが)や人口減少によって国内での新車販売台数が年々減少しています。歯止めも効いていません。

個人的には、あまりにも高すぎる税制面をなんとかすれば全部解決すると思っていますが、それで食っている人が既に大勢存在している為、日本ってこういうのを正す事が徹底的に苦手です。

 

アベノミクス関連で、トヨタなど絶好調!!という話も良く聞きますが、フランチャイズの販売店などにはあまり関係の薄い状況であります。

新車が売れなくて利益が出ないなら、下取り車を再販して利益を上げるっきゃない!という流れになってきています。

 

ディーラーも買取強化をしているけれども。。

身軽な車買取専門店と違い、ディーラーは色々と固定費・人件費のかかる大所帯です。 かつて利用していたイエローブックなどの買取額計算などでは相場からかけ離れてしまうので、相場を重視した計算方法を取るなど頑張っています。

それでも、買取額の相場が全く分からない人がある程度安く下取りしてくれたらラッキーという感じです。

他サイトでは、やれ臭いを取れ、掃除をしろといった買取額を上げる方法を書かれている所もありますが、あまり関係は無く、相場にどれ位頑張って近づいてくれるかという事につきます。

  • 複数社の買取専門店での査定を予め受けておく。
  • その場で提示された下取り額で契約をしない。
  • 下取りをすることで新車など次に買う車の割引をそそのかされるが、本当に得なのか持ち帰って考える。

 

買取専門店の相場を知っている事でのメリット

多少安くても下取りは御社(ディーラー)にお願いしたいんだけど。 と言われればディーラーも正直嬉しいと感じます。(交渉材料を持ってこられたなーと嫌がる担当者も居ますが)

これは、新車割引の最後のひと押しに効果的な場合があります

妻がどうしてもと言うので買取店で見積もってみたんだけどもさー、結構高くて。 でも~云々~~

のような流れでお話されて行くと、担当者も『そっちにもっていかれる位ならもう少し値引きしないとだめかなぁー。』 という心情になりかねません。

重要なのでもう一度書きますが、新車が売れていません。ディーラーはオートオークションに車を流さず多店舗などで車をそのまま販売するため利益率も良いのです。 下取り車は欲しいんです。

そのまま、ポンと下取りに出すよりも手間は増えますが時給換算すると大変割の良いバイトの様な感じになりますので余裕のある方は是非チャレンジしてみてください。

関連記事


皆さんの車の査定額などのご投稿はこちらからお気軽に。

入力されたE-mailアドレスが第三者に公開される事はありません。 Required fields are marked *

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>